レーザー脱毛、その他の治療についての疑問

無添加の洗顔石けんについて感じたこと

お店で洗顔石けんを探していて良く考えるのは、「無添加」と記載されている洗顔石けんのことです。無添加の洗顔石けんというのはいったいどんな物なのかということを考えるのです。

 

 

 

無添加という言葉を見ると食べ物のことを思い浮かべるのですが、今の時代食べ物の安全性のことがよく話題になりますが、無添加食品が安心だということで、ちょっとくらい割高でも無添加食品を選ぶ人が増えています。

 

洗顔石けんを探していると、石けんのパッケージに「無添加洗顔石けん」と書かれているものがいくつか見つかるので、肌に優しそうだと思って記載されていることを読んでみるのです。だけど、無添加と大きく記載されている割には香料が使われていたり、香料が使われていなくても防腐剤が使われていたりと、何かしら添加物が使われていることが多いのです。

 

 

無添加石けんと記載されていてもパッケージの裏面までしっかり読んで、「何が無添加の石けんなのか」ということを確かめなくてはいけないと思っています。単純に無添加という言葉のイメージに引き込まれないように洗顔石けんを選ぶと大きな間違いが無くなります。それに、必ずしも無添加の洗顔石けんがすぐれているというわけでもないと分かるのです。