レーザー脱毛、その他の治療についての疑問

レーザー脱毛の基本

昔の脱毛方法といえば、針を毛穴の一つ一つに差し込んで、電気を通して毛根を破壊するというやり方でした。ちなみにこの方法を電気針脱毛といいます。しかしこの方法では、肌を痛めてしまうのです。肌色が変わってしまったり、火傷しまうことで跡が残ったりするなど、脱毛は成功したとしても、それ以上の代償を背負うことになってしまうのです。1本1本を脱毛していく治療ですから時間がとてもかかりますし、その分痛みも続きますので、それに耐え切れずに途中で脱毛を断念する人達も多かったのです。そして何より、この治療方法では費用もかなりかかります。

 

そこで開発されたのが、レーザー脱毛です。レーザー脱毛は肌に優しい脱毛方法です。今では電気針脱毛よりも痛みが少ないことで安心して脱毛ができるようになりました。なぜ痛みは少ないかというと、レーザー脱毛は、肌に電気を通さないぶん、直接毛根のメラニン色素に届くからです。さらにレーザー脱毛の中でもオススメなのが、「NDYAGレーザー」です。これは、治療の時に皮膚が熱を帯びないように、冷たい水が噴射されるという優れた脱毛機器です。もともと脱毛用のレーザーは、アメリカで作られたのなので白人向けの脱毛機器なんですよね。それを日本人向けに改良したのが、「NDYAGレーザー」です。このレーザー脱毛機器のおかげで、脱毛によるトラブルはほとんどありません。